メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  医師の声 OT Survey »  コロナ禍で前立腺がん診療はどう変化したか

医師の声 OT Survey 医師の声 OT Survey

コロナ禍で前立腺がん診療はどう変化したか

医師108人が回答

 2020年09月08日 06:00
プッシュ通知を受取る

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による社会的混乱はいまだ収束の兆しはなく、長期化の様相を呈している。がん検診やがん診療にも重大な影を落としており、特に、早期の自覚症状に乏しく検診による早期発見の利益が大きい前立腺がんでは、検診へのアクセス低下は他のがん種以上に大きな影響が及ぶと考えられる。今回のOT Surveeyでは、Oncology Tribune会員の泌尿器科医を対象に、自施設の現状について聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  医師の声 OT Survey »  コロナ禍で前立腺がん診療はどう変化したか

error in template: found but mtif was expected