メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  田中きゅーと先生論文解説 »  【第32回】PS不良でも高齢でもニボルマブは使用可能?

田中きゅーと先生論文解説 田中きゅーと先生論文解説

【第32回】PS不良でも高齢でもニボルマブは使用可能?

川崎市立川崎病院呼吸器内科医長 田中 希宇人 氏

 2020年09月15日 06:00
プッシュ通知を受取る


【論文名】CheckMate 171: A phase 2 trial of nivolumab in patients with previously treated advanced squamous non-small cell lung cancer, including ECOG PS 2 and elderly populations

【出典】Eur J Cancer 2020; 127: 160-172

 連載第32回に選ばせていただいたのはEur J Cancer誌から『CheckMate 171試験』の報告「CheckMate 171: A phase 2 trial of nivolumab in patients with previously treated advanced squamous non-small cell lung cancer, including ECOG PS 2 and elderly populations」です。現在の進行肺がんの治療戦略では一次治療として複合免疫療法が使用されることが多く、二次治療以降に適応のあるニボルマブ(商品名オプジーボ)による治療は限定的です。しかし、実臨床ではガイドライン通りに推奨される治療を選択できる症例と、治療選択に難渋してしまう症例があるかと思います。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  田中きゅーと先生論文解説 »  【第32回】PS不良でも高齢でもニボルマブは使用可能?

error in template: found but mtif was expected