メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  新型コロナに高流量鼻カニュラ酸素はOK?

ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) ドクターズアイ 倉原優(呼吸器)

新型コロナに高流量鼻カニュラ酸素はOK?

 2020年09月17日 09:57
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:賛否両論あり

 高流量鼻カニュラ酸素療法(HFNC:ネーザルハイフロー)は、通常酸素療法で酸素化が保てなくなったとき、鼻腔から加温加湿した大量の酸素を供給するデバイスである。以前は、通常酸素療法と挿管・人工呼吸管理の間に非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)が存在するのみだったが、近年HFNCによって挿管を回避できる例が増えており、当院(国立病院機構近畿中央呼吸器センター)でも病棟でよく使用している。

 さて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)において、HFNCを使用してもよいかどうか、当初意見が分かれた。賛成派は「マンパワーを要する挿管・人工呼吸管理を避けて、HFNCで乗り切れるならその方がよい」という見解。反対派は「HFNCによってエアロゾルが飛散するため、医療従事者にとって新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染リスクが高い」というものである。

 日本呼吸器学会の見解(「COVID-19肺炎に対するHFNCの使用について」)では、HFNCが考慮できるのは陰圧個室、もしくは全体がレッドゾーンとなった病棟においてのみと記載されている(表1)。現場もこれを踏襲する形で、あくまでレッドゾーンで感染防御を行った状態でHFNCが適用されている。

表1. COVID-19肺炎に対するHFNCの使用について

26243_tab1.jpg

(日本呼吸器学会「COVID-19肺炎に対するHFNCの使用について」)

 今回、まとまった症例数のCOVID-19で、HFNCの有用性について検討した報告があったので紹介したい(Am J Respir Crit Care Med 2020年8月6日オンライン版)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  新型コロナに高流量鼻カニュラ酸素はOK?

error in template: found but mtif was expected