メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  新薬の実力 »  HIF-PH阻害薬の実力

新薬の実力 新薬の実力

HIF-PH阻害薬の実力

CKD患者の腎性貧血治療に新たな選択肢

2020年09月18日 05:10

37名の医師が参考になったと回答 

 今年(2020年)6月、腎性貧血を適応症として低酸素誘導因子プロリン水酸化酵素(HIF-PH)阻害薬のバダデュスタット(田辺三菱製薬、商品名バフセオ)とダプロデュスタット(グラクソ・スミスクライン、商品名ダーブロック)が製造販売承認を取得した。日本におけるHIF-PH阻害薬の承認は、アステラス製薬...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  連載・特集 »  新薬の実力 »  HIF-PH阻害薬の実力