メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  「新型コロナ騒動」が問う日本人の死生観

寄稿 寄稿

「新型コロナ騒動」が問う日本人の死生観

緩和ケア 萬田診療所院長 萬田緑平

 2020年09月18日 05:00
プッシュ通知を受取る

150名の先生が役に立ったと考えています。

 私は在宅緩和ケア医。外科医を辞めて12年間、がん患者専門の外来緩和ケアおよび訪問診療を行ってきた。午前2〜3人の外来診療と午後2〜3人の訪問診療を1人でこなす。在宅の患者にこだわっている。自称「日本一患者数の少ない診療所」だ。賃貸の診療所で、看護師はいない。医療機器は看護師用のエコーのみ。妻と2人で小さくやっていれば、食えるくらいは稼げる。年間の患者数は百数十人。看取りは年間100人程度。「看取り屋」ではなく、最後まで目いっぱい生き抜く手伝いをする「生き抜き屋」だ。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  「新型コロナ騒動」が問う日本人の死生観

error in template: found but mtif was expected