メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  コロナ禍の陰で »  コロナ禍で外国人診療はどうなっているのか

コロナ禍の陰で コロナ禍の陰で

コロナ禍で外国人診療はどうなっているのか

山田 秀臣

2020年09月24日 05:00

6名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の収束が依然見通せない中、疾患や死の情報に日々接するという、いわば「異常が日常化された社会」にわれわれはいる。まさに「禍(わざわい)」としか言いようのない混迷した状況の下で、私たちが見落としている、あるいはあえて目を背けている諸問題について多様な視点から...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  連載・特集 »  コロナ禍の陰で »  コロナ禍で外国人診療はどうなっているのか