メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  コロナ禍の陰で »  コロナ禍で外国人診療はどうなっているのか

コロナ禍の陰で コロナ禍の陰で

コロナ禍で外国人診療はどうなっているのか

山田 秀臣

 2020年09月24日 05:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の収束が依然見通せない中、疾患や死の情報に日々接するという、いわば「異常が日常化された社会」にわれわれはいる。まさに「禍(わざわい)」としか言いようのない混迷した状況の下で、私たちが見落としている、あるいはあえて目を背けている諸問題について多様な視点から取り上げる。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  コロナ禍の陰で »  コロナ禍で外国人診療はどうなっているのか

error in template: found but mtif was expected