メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  脳梗塞再発予防のための薬物療法を展望する

ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中)

脳梗塞再発予防のための薬物療法を展望する

 2020年10月07日 17:44
プッシュ通知を受取る

42名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:推奨療法で虚血性脳卒中後の心血管リスクは軽減できない

 軽症の急性虚血性脳卒中または一過性虚血発作(TIA)発症後、心血管リスクは推奨される長期の抗血小板療法では軽減できないほど高くなる。現在利用可能な治療法を用いても、虚血性脳卒中後に生活習慣を改善しても脳卒中再発や心血管疾患の生涯リスクは残存し、1年当たりの脳卒中の再発率は2.5〜4.0%、脳卒中によらない血管死率は2.1%、非致死的心筋梗塞の発症率は0.9%と報告されている。

 最近JAMA Neurol2020年7月27日オンライン版)に掲載された「非心原性脳梗塞再発予防のための薬物療法の展望」と題する論文では、過去5年間(2015年1月1日〜20年3月22日)に発表されMEDLINEに登録された脳卒中再発予防の臨床試験または臨床試験プロトコルについてシステマチックレビューを行っている。今回、この論文からわが国の脳梗塞再発予防のための薬物療法の現状と展望について考えてみたい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  脳梗塞再発予防のための薬物療法を展望する

error in template: found but mtif was expected