メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  コロナ時代のクリニカルパール »  コロナ禍にこそ従来の診療姿勢を貫くべし

コロナ時代のクリニカルパール コロナ時代のクリニカルパール

コロナ禍にこそ従来の診療姿勢を貫くべし

埼玉医科大学総合医療センター 総合診療内科 山本慧/診療部長・岡秀昭

 2020年10月12日 05:05
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 未曾有のパンデミックとなった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により、感染地域の開業医から大学病院に至るまで、臨床に関わる限りどこでも遭遇しうる感染症であるといえる。そして、これから秋冬となるにつれてインフルエンザの流行も懸念される中、COVID-19の鑑別を要する診療機会がますます求められてくることが予想される。

 本稿では、COVID-19を現場で診療してきた中で知り得た情報を、クリニカルパールとして紹介していく。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  コロナ時代のクリニカルパール »  コロナ禍にこそ従来の診療姿勢を貫くべし

error in template: found but mtif was expected