メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 鎌谷直之(高尿酸血症) »  コロナ重症化の鍵は「ネアンデルタール人」

ドクターズアイ 鎌谷直之(高尿酸血症) ドクターズアイ 鎌谷直之(高尿酸血症)

コロナ重症化の鍵は「ネアンデルタール人」

 2020年10月20日 18:01
プッシュ通知を受取る

51名の先生が役に立ったと考えています。

 英科学誌『Nature』に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化リスクとなるゲノム配列がネアンデルタール人由来であるとの論文が掲載された(Nature 2020年9月30日オンライン版)。この領域は第3染色体短腕の一領域であり、ケモカイン受容体の遺伝子を多く含む。今回の報告は、①結果が新規治療薬開発につながる可能性がある②世界の各集団間で重症化率に差が見られることの原因の一部を説明する可能性がある③用いられた手法が日本で開発されたものであるーことから、解説する意義が高いと考える。

 今回は、高尿酸血症の論文解説から"脱線"するが、本コーナーで私見を提示したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 鎌谷直之(高尿酸血症) »  コロナ重症化の鍵は「ネアンデルタール人」