メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

ホーム »  連載・特集 »  IoMTで変わる医療 »  勤労世代に受け入れられたオンライン診療

IoMTで変わる医療 IoMTで変わる医療

勤労世代に受け入れられたオンライン診療

患者の健康意識が向上し、効率良いデータ収集が可能

 2020年10月26日 16:40
プッシュ通知を受取る

 毎日せわしなく働く世代の人々にとって、「病院に行く」ことの優先順位は自然と下がりがちだ。しかし最近では、病院に行かずとも診療を受けられる、まさに無駄を省いた患者のための医療サービスがIoMT(Internet of Medical Things)の発達によって続々と出始めている。中部ろうさい病院(名古屋市)糖尿病・内分泌内科部長/栄養管理部部長兼任の中島英太郎氏に同院での取り組みを聞いた。

ポイント

オンライン診療ツールcuron®とPHRアプリ「シンクヘルス®」を導入

●オンライン診療の機会が増え、新薬利用患者の割合が増えた

●日々健康データと向き合うことで患者の健康意識が向上した

●データの活用で効率良い診療が可能になった

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

コロナで医療崩壊の危機」感じていますか?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  IoMTで変わる医療 »  勤労世代に受け入れられたオンライン診療