メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  感染症対策は脳卒中予防に有効か

ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中)

感染症対策は脳卒中予防に有効か

COVID-19時代に感染症と脳卒中の関係をレビュー

 2020年10月30日 16:43
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

レビューの背景:感染症と脳卒中の関係理解は喫緊の課題

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミック時代において、感染症と脳卒中の関係を理解することは喫緊の課題である。ただし、これまでに幾つかの感染症が脳卒中リスクと関連することが分かっており、この関連性は新しい概念ではない。

 また、感染症と脳卒中には双方向の関連性がある。感染は脳卒中を引き起こす可能性があるのと同時に、脳卒中は免疫抑制を引き起こして感染リスクを高める。

 これらの短期的な影響とは別に、脳卒中後の免疫変化が脳卒中患者の長期的な認知転帰にも悪影響を及ぼし、脳卒中後の神経変性および認知症リスクを高める可能性があることを示唆する新たなエビデンスが得られている。また脳卒中時の感染症は、脳卒中後の免疫調節不全を悪化させ、認知機能低下リスクをさらに上昇させる可能性がある。 

 こうした中「脳卒中の危険因子および脳卒中後の転帰決定因子としての感染」という時事問題レビュー(topical review)がStroke2020; 51: 3156-3168)に掲載されたので紹介する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  感染症対策は脳卒中予防に有効か