メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

ホーム »  連載・特集 »  医師の声 OT Survey »  抗PD-1抗体の投与間隔、延長する?

医師の声 OT Survey 医師の声 OT Survey

抗PD-1抗体の投与間隔、延長する?

医師203人が回答

 2020年11月02日 05:10
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 今年(2020年)8~9月に、抗PD-1抗体ペムブロリズマブおよびニボルマブの投与間隔が相次いで延長可能となった。ペムブロリズマブは従来の「200mgを3週間隔投与」に加えて「400mgを6週間隔投与」の用量用法が追加承認され、ニボルマブも従来の「240mgを2週間隔投与」に加えて「480mgを4週間隔投与」の用量用法が追加承認された。この用量用法の変更についての承認は臨床試験の結果に基づくものでなく、薬物動態モデルを使用したシミュレーション等によるものであることから戸惑いの声も上がり、製薬会社から適正使用の呼びかけも行われている(関連記事「ニボルマブの投与間隔延長で適正使用を喚起」)。そこでMedical Tribune編集部では、両剤の適応症を有する領域の医師会員に対し、投与間隔延長について意見を聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  医師の声 OT Survey »  抗PD-1抗体の投与間隔、延長する?