メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  新MR拮抗薬、2型糖尿病合併CKDで効果証明

解説 解説

新MR拮抗薬、2型糖尿病合併CKDで効果証明

国際医療福祉大学腎臓内科教授 佐藤敦久

 2020年11月06日 05:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 2型糖尿病を合併する慢性腎臓病患者(CKD)を対象にした、非ステロイド型選択的ミネラルコルチコイド受容体(MR)拮抗薬finerenoneの有効性と安全性を検討した第Ⅲ相試験FIDELIO-DKDの結果が米国腎臓学会腎臓週間2020で発表、同時に論文掲載された(N Engl J Med 2020年10月23日オンライン版)。国際医療福祉大学三田病院腎臓・高血圧内科部長(副院長)で、国際医療福祉大学腎臓内科教授の佐藤敦久氏に同試験の臨床的意義、今後の課題などについて解説してもらった。(関連記事「新規MR拮抗薬がCKDの進行を抑制」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  新MR拮抗薬、2型糖尿病合併CKDで効果証明