メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  ついに来る!!インスリン週1回注射の時代

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

ついに来る!!インスリン週1回注射の時代

 2020年11月11日 14:23
プッシュ通知を受取る

53名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:GLP-1受容体作動薬では既に登場している週1回製剤

 この10年で糖尿病治療薬は大きく様変わりした。インクレチン関連薬やSGLT2阻害薬が登場し、GLP-1受容体作動薬やSGLT2阻害薬による心血管アウトカムの改善作用が報告されて、糖尿病治療薬のアルゴリズムが大きく変化してきたのである(Diabetes Care 2006; 29:1963-1972Diabetes Care 2009; 32: 193-203Diabetes Care 2012; 35: 1364-1379; Diabetes Care 2018; 41: 2669-2701)。

 こうした変化の中で、今なお最強の血糖改善薬の立ち位置にあるのがインスリン製剤である。2018年からは、2型糖尿病で最初に導入すべき注射製剤は一般的にはGLP-1受容体作動薬であるとされ、立ち位置が少し後ろにはなったものの、GLP-1受容体作動薬の食欲減退効果を考えると、肥満を合併していない2型糖尿病の多い日本人では、相対的にインスリン製剤の出番は多かろう。

 インスリン注射の導入については、4T試験以降、持効溶解型インスリンアナログで開始することが一般的になっているが(N Engl J Med 2007; 357: 1716-1730N Engl J Med 2009; 361: 1736-1747)、その持続時間はせいぜい40時間程度であり、1日1回の注射が原則である。私のように混合型インスリン2回注射全盛時代に医師になった者にとっては隔世の感があるが、実は既に週1回製剤が登場しているGLP-1受容体作動薬においては、1日1回よりも週1回製剤の方が患者の治療満足度が高いことが日本人において報告されている(J Diabetes Investig 2019; 10: 699-705)。その意味で、インスリンにも週1回製剤があればよいのにと最近思うようになっていた。

 そんな中、ついにインスリンでも週1回製剤が開発され、第Ⅱ相臨床試験(比較的少数の患者を対象とし、当該薬剤の安全性、有効性、用法、用量を検討するための試験)において良好な治療成績を示したことがN Engl J Med (2020年9月22日オンライン版)に報告された。無事に上市されることを祈りつつ、この成績をご紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  ついに来る!!インスリン週1回注射の時代