メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  学会印象記 »  乳癌学会印象記:「がんゲノム医療」と「AYA世代の乳がん」

学会印象記 学会印象記

乳癌学会印象記:「がんゲノム医療」と「AYA世代の乳がん」

高知大学医学部附属病院乳腺センター病院教授 杉本健樹

 2020年11月25日 17:03
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 第28回日本乳癌学会学術総会は愛知県がんセンターの岩田広治会長の下、完全ウェブ形式で開催された。当初は中部国際空港(セントレア)島内に新設された国際展示場で7月に開催が予定されていたが、新型コロナウイルスの影響で延期され、さらに完全ウェブ形式に切り替えられた。岩田先生をはじめ主催者・実行委員の皆様には大変なご苦労があったことと推察する。しかし、ウェブで楽しめる企画も多数あり"withコロナ時代"の学会として斬新な試みとなったと思う。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  学会印象記 »  乳癌学会印象記:「がんゲノム医療」と「AYA世代の乳がん」