メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  最新医療トピック »  ポリ袋で手術時のエアロゾル曝露が防げる!

最新医療トピック 最新医療トピック

ポリ袋で手術時のエアロゾル曝露が防げる!

札幌医科大学麻酔科チームが開発した「EAシールド」

 2020年11月26日 05:00
プッシュ通知を受取る

49名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行初期には、多くの手術が延期、あるいは中止となる事態に陥った。現在でもCOVID-19患者に対する手術は基本的に延期とされ、命に関わる緊急手術の場合などに限り個人防護具(PPE)を装着するなどの感染防御対策を行った上で実施されている。しかし、札幌医科大学麻酔科学講座の酒井渉氏は「PPEを装着しても、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)への感染を完全に防げるわけではない」と指摘する。より安全な手術環境を確立するため、同氏らの研究チームは手術室におけるエアロゾル曝露を防ぐ「EAシールド」を開発した。「気管挿管・抜管時に発生するエアロゾルの飛散抑制に極めて有効である」と成果を語る同氏にEAシールドの詳細を聞いた。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

緊急時の感染症対応に強力な司令塔

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  最新医療トピック »  ポリ袋で手術時のエアロゾル曝露が防げる!