メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 鎌谷直之(高尿酸血症) »  フェブリク vs. アロプリノール再び

ドクターズアイ 鎌谷直之(高尿酸血症) ドクターズアイ 鎌谷直之(高尿酸血症)

フェブリク vs. アロプリノール再び

FAST研究から

2020年12月01日 05:05

36名の医師が参考になったと回答 

痛風・高尿酸血症治療薬の優劣  痛風・高尿酸血症の治療薬としては尿酸生成抑制薬と尿酸排泄促進薬がある。前者は全てキサンチン酸化還元酵素(XOR)阻害薬で、アロプリノール、フェブキソスタット、トピロキソスタットがあり、アロプリノールを除き日本で開発された薬剤である。アロプリノールがプリン類似体であるの...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

内臓脂肪減少薬アライがダイレクトOTCとして発売、懸念点は?

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 鎌谷直之(高尿酸血症) »  フェブリク vs. アロプリノール再び