メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  孤立・孤独は医療の課題だ »  社会的処方は孤独を救うか

孤立・孤独は医療の課題だ 孤立・孤独は医療の課題だ

社会的処方は孤独を救うか

川崎市立井田病院腫瘍内科・緩和ケア内科医長の西智弘氏に聞く

 2020年12月03日 05:00
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 英国では孤立・孤独に苦しむ高齢者に対して、かかりつけ医が地域とのつながりを促す"社会的処方(social prescribing)"を行うケースがよく見られる。花好きの患者に園芸クラブを紹介するといった"処方"が、心身のさまざまな症状を改善し、救急外来受診や緊急入院を減らすというデータも示されている。実は、日本でも今年(2020年)6月に厚生労働省が社会的処方を推進するとの報道があった。そこで英国での実践を見学、日本での定着を目指して書籍を編纂し1,2)、オンラインコミュニティの社会的処方研究所3)を設立するなど、精力的に活動する西智弘氏に話を聞いた。西氏は「保険点数を付けるといったやり方ではなく、草の根的に社会的処方の有用性を広めていきたい」と述べている。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

五輪開催批判が一転。積極的報道に

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  孤立・孤独は医療の課題だ »  社会的処方は孤独を救うか