メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  コロナ時代のクリニカルパール »  コロナ禍で糖尿病診療はどう変わるべきか

コロナ時代のクリニカルパール コロナ時代のクリニカルパール

コロナ禍で糖尿病診療はどう変わるべきか

京都府立医科大学大学院医学研究科 内分泌・代謝内科学 山﨑真裕

 2020年12月04日 05:10
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が始まり1年がたとうとしているが、まだまだ終息への道筋ははっきりとは見えてこない。もともとの日本人の生真面目さ、自分の意見より周りの目を気にする社会性などから、人々は新しい生活様式に合わせて生活をしている。しかし、期間限定であればまだしも、先の見えない中で変化を求め続けられることのストレスは大きい。新しい生活様式において、普段の食事行動や運動行動は大きく変化を求められた。糖尿病患者の治療において食事、運動は重要な位置を占めており、新しい生活様式は、これまで心掛けてきた療養行動にも変化を求めることとなり、血糖管理への影響はもちろん、心理面でも大きなストレスを与えている。また、それを診療する医療者にも今までとは違った対応が求められている。

 従来とは異なるコロナ禍において、そしてその後も含めて、われわれ医療者はどのように糖尿病患者を診療すべきかを考えるきっかけにしたい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  コロナ時代のクリニカルパール »  コロナ禍で糖尿病診療はどう変わるべきか