メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  コロナ時代のクリニカルパール »  精度の高い重症化予測が患者と病院を救う

コロナ時代のクリニカルパール コロナ時代のクリニカルパール

精度の高い重症化予測が患者と病院を救う

花と森の東京病院 救急科・脳神経外科部長 髙山泰広

 2020年12月07日 05:05
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

 現在、厚生労働省の「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き」(第3版)が公開されており重症化因子についての報告がある。重症化因子には重症化した時点でのものも含まれているため、必ずしも軽症例の重症化を予測できる因子とはいえない。重症化予測とは、罹患前もしくは罹患後早期の臨床所見や検査値により重症化する集団を予測することである。予測する意義は早期に重症化対応を行い予後改善に努める、あるいは病棟管理をスムーズにし、新たなゾーニングを構築することである。当院では、4月以降COVID-19症例の入院治療を行ってきた。第一波の4~5月に入院した48例を対象として、重症化予測因子を中心に検証した結果を報告する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

iPhone版でも不具合。COCOAアプリは使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  コロナ時代のクリニカルパール »  精度の高い重症化予測が患者と病院を救う