メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  進行肺がんへの最適ながん複合免疫療法は?

解説 解説

進行肺がんへの最適ながん複合免疫療法は?

がん研究会有明病院先端医療開発センターがん免疫治療開発部部長 北野滋久氏

 2020年12月18日 18:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 『肺癌診療ガイドライン2020年版』が今年(2020年)11月に発表され、Ⅳ期の非小細胞肺がん(NSCLC)に対して抗PD-1抗体ニボルマブと抗CTLA-4抗体イピリムマブの併用療法が新たに推奨された。また、同月27日には切除不能な進行・再発NSCLCへのニボルマブ+イピリムマブ併用療法がわが国で承認された。がん研究会有明病院(東京都)先端医療開発センターがん免疫治療開発部部長の北野滋久氏へのインタビュー後編では、Ⅳ期NSCLCに対する同併用療法を中心に解説してもらった(前編「北野氏が解説!がん複合免疫療法による戦略」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

社会で不織布マスクを推奨の動き

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  進行肺がんへの最適ながん複合免疫療法は?