メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  解説 »  進行肺がんへの最適ながん複合免疫療法は?

解説 解説

進行肺がんへの最適ながん複合免疫療法は?

がん研究会有明病院先端医療開発センターがん免疫治療開発部部長 北野滋久氏

2020年12月18日 18:00

6名の医師が参考になったと回答 

 『肺癌診療ガイドライン2020年版』が今年(2020年)11月に発表され、Ⅳ期の非小細胞肺がん(NSCLC)に対して抗PD-1抗体ニボルマブと抗CTLA-4抗体イピリムマブの併用療法が新たに推奨された。また、同月27日には切除不能な進行・再発NSCLCへのニボルマブ+イピリムマブ併用療法がわが国で...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

各地で連日30℃超えの真夏日が続く。猛暑だと外来患者は?

トップ »  連載・特集 »  解説 »  進行肺がんへの最適ながん複合免疫療法は?