メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  花粉症2021 »  野外調査-千葉では例年並みか少し下回る

花粉症2021 花粉症2021

野外調査-千葉では例年並みか少し下回る

富里市で花粉研究者に同行取材

 2020年12月25日 05:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 スギやヒノキの花粉飛散量は、野外調査で確認できる花芽の着生状況(写真1、2)や飛散前年の気象条件から予測される。今年(2020年)11月27日、長年花粉研究に携わっている元東邦大学薬学部教授・佐橋紀男氏の野外調査に同行取材した。調査地である千葉県富里市周辺では来年、過去10年平均並みか少し下回る花粉飛散が見込まれる。(関連記事「野外調査-冷夏と台風が雄花の成育阻む」)

20201203_pho1_pho2.jpg

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  花粉症2021 »  野外調査-千葉では例年並みか少し下回る