メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  下村氏が詳説!SABCS 2020の重要演題

解説 解説
Oncology Tribune

下村氏が詳説!SABCS 2020の重要演題

国立国際医療研究センター 乳腺・腫瘍内科 下村昭彦氏

 2020年12月28日 10:54
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 〔編集部から〕今月(12月)、第43回サンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS 2020、12月8〜11日、ウェブ開催)が開催されました。今回は例年以上に臨床医にとって豊作だった(充実していた)とする声もあるようです。Medical Tribuneウェブでは、国立国際医療研究センター乳腺・腫瘍内科の下村昭彦氏に、とりわけ臨床的に重要だと考えられる3題について、詳細に解説/考察してもらいました。ぜひお楽しみください。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  下村氏が詳説!SABCS 2020の重要演題