メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  最新医療トピック »  コロナ重症化の共通基盤はインスリン不全症

最新医療トピック 最新医療トピック

コロナ重症化の共通基盤はインスリン不全症

 2020年12月28日 15:51
プッシュ通知を受取る

18名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、不要不急の外出を控えるなど新しい生活様式の実践が求められている。しかし、「静かに過ごすことを求める対策だけではCOVID-19を克服できない。かえって脂肪細胞が大きくなり、善玉ホルモン(アディポネクチン)が減り、インスリンの働きが落ち、ひいてはCOVID-19の重症化につながる」と警告するのは、糖尿病大血管障害研究会代表世話人/ハラノ医院生活習慣病センター(大阪府)所長の原納優氏。COVID-19の重症化因子の共通基盤はインスリン不全症、すなわちメタボリックシンドローム(メタボ)の病因と同じであると同氏は言う。同氏にCOVID-19対策に関する意見を聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  最新医療トピック »  コロナ重症化の共通基盤はインスリン不全症