メニューを開く 検索 ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) »  〔最新総説〕重症コロナの治療

ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) ドクターズアイ 仲田和正(総合診療)

〔最新総説〕重症コロナの治療

西伊豆健育会病院病院長 仲田 和正

 2021年01月06日 10:30
プッシュ通知を受取る

102名の先生が役に立ったと考えています。

 N Engl J Med2020; 383: 2451-2460)に「重症COVID-19」の総説がありました。

 この数カ月、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に有効な薬剤はデキサメタゾンとレムデシビルの2剤のみとされてきました。トランプ大統領もこの2つの薬と新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のスパイク蛋白質に対する抗体を投与されています。現在2021年1月時点での世界の最大争点は「果たしてレムデシビルが有効か否か」です。 一方、肺病変は急性呼吸促迫症候群(ARDS)とほぼ同じなので肺保護換気(lung protective ventilation:1回換気量を少なく)とすることが確立されています。

 N Engl J Med(2020; 383:2451-2460)総説「重症COVID-19」要点は下記11です。

  1. レムデシビル投与29日後死亡率27%改善、FDAで認可。しかしWHOのRCTで否定
  2. デキサメタゾン 6mg/日×7日で30日後死亡率17%低下、重症COVID-19の標準治療
  3. 肺保護換気:TV(4)6~8mL/kgで高CO2(pH7.2まで)可。PEEPと吸気終末プラトー圧も
  4. 重症は呼吸困難、呼吸数≧30、飽和度≦93%、PaO2/FiO2<300mmHgまたは浸潤影≧50%
  5. COVID-19は8割軽症、2割重症、死亡2~3%。リスクは高齢、男性、CVD、糖尿病、肥満、免疫不全
  6. エアロゾル発生手技は陰圧室で。重症で死亡率高いので代理人にACP、剖検の説明を
  7. 飽和度90~96%。HFNC可。NPPV不可。挿管はRSIで一発で。腹臥位は覚醒でも有効
  8. 低酸素時腹臥位考慮(16時間/日など)、rescueにECMO
  9. COVID-19で脱水多く輸液。低血圧はNE投与。反応(-)はAMI、心筋炎、肺塞栓考慮
  10. D-ダイマー上昇で死亡率上昇。重症は低分子ヘパリンを。免疫不全(-)なら細菌感染まれ
  11. 症例:あなたならどうする?

…続きを読むにはこちら

ワンクリックアンケート

先生は100歳まで生きる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) »  〔最新総説〕重症コロナの治療