メニューを開く 検索 ログイン

ホーム »  連載・特集 »  新薬の実力 »  アトピー性皮膚炎治療薬デルゴシチニブの実力

新薬の実力 新薬の実力

アトピー性皮膚炎治療薬デルゴシチニブの実力

既存の外用薬が使えない患者の新たな選択肢に

2021年01月07日 05:05

27名の医師が参考になったと回答 

 アトピー性皮膚炎に対する約20年ぶりとなる新規の外用薬が今年(2020年)6月に発売された。細胞内の免疫活性化シグナル伝達に重要な役割を果たすヤヌスキナーゼ(JAK)の働きを阻害し、免疫反応の過剰な活性化を抑制するJAK阻害薬デルゴシチニブ(商品名コレクチム)である。アトピー性皮膚炎の治療の基本は...

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  連載・特集 »  新薬の実力 »  アトピー性皮膚炎治療薬デルゴシチニブの実力

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで