メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  コロナ禍での医学部オンライン授業

寄稿 寄稿

コロナ禍での医学部オンライン授業

山口大学医学部2年 今手麻衣

 2021年01月07日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

入学式が中止、授業も遅れた末にオンラインで

 私は昨年(2020年)4月に学士編入で2年生として医学部に入学しました(関連連載「実録・医学部社会人入試」)。文系の大学出身のため、入学前から「医学部の授業ってどんな感じだろう」と期待を膨らませていました。ところが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でまず入学式が中止になり、授業は開始が延期された末、オンラインで実施されることになりました。

 同級生の知り合いは唯一、入学前の写真撮影で顔を合わせた私と同じ学士編入生だけ、それも小一時間話しただけだったので、まだそれほど親しい仲ではありませんでした。

 こうして、親しい友達もおらず、医学部の右も左もよく分からないまま、オンラインで授業が始まりました。

 当初、個人的には「オンライン授業より対面授業がいいな」と後ろ向きだったのですが、実際にオンライン授業を受けてみると、予想に反してメリットが大きいものでした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  コロナ禍での医学部オンライン授業