メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  解説 »  大動脈弁狭窄症へのTAVI適応拡大は妥当か

解説 解説

大動脈弁狭窄症へのTAVI適応拡大は妥当か

国立循環器病研究センター心臓血管内科部長 泉知里

2021年01月08日 16:51

13名の医師が参考になったと回答 

 米国心臓病学会(ACC)/米国心臓協会(AHA)の弁膜症ガイドライン(GL)が2020年12月に改訂された。経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)は有症状の大動脈弁狭窄症(AS)に限定せず、年齢基準にも言及している。同GLの主な改訂ポイントを、前版および2020年改訂版日本循環器学会(JCS)-G...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  連載・特集 »  解説 »  大動脈弁狭窄症へのTAVI適応拡大は妥当か