メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  大動脈弁狭窄症へのTAVI適応拡大は妥当か

解説 解説

大動脈弁狭窄症へのTAVI適応拡大は妥当か

国立循環器病研究センター心臓血管内科部長 泉知里

 2021年01月08日 16:51
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 米国心臓病学会(ACC)/米国心臓協会(AHA)の弁膜症ガイドライン(GL)が2020年12月に改訂された。経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)は有症状の大動脈弁狭窄症(AS)に限定せず、年齢基準にも言及している。同GLの主な改訂ポイントを、前版および2020年改訂版日本循環器学会(JCS)-GLと比較して解説するとともに意見を述べる(関連記事「ACC/AHAが心臓弁膜症GLを改訂」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  大動脈弁狭窄症へのTAVI適応拡大は妥当か