メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  また脳梗塞治療薬にdrug lagが生じるのか

ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中)

また脳梗塞治療薬にdrug lagが生じるのか

 2021年01月15日 05:10
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:脳梗塞予防における抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)の効果を検証

 脳梗塞/一過性脳虚血発作(TIA)後の再発予防におけるクロピドグレルとアスピリンの単独または併用の有効性は示されている。わが国が参加したSOCRATES試験では、脳梗塞/TIA後の血管イベント/死亡の予防において、血小板のP2Y12受容体に可逆的に結合するチカグレロルのアスピリンに対する優越性は示されなかった。今回、脳梗塞の再発予防におけるチカグレロル+アスピリンの併用とアスピリン単独を比較したランダム化比較試験(RCT)THALESの結果が報告されたので紹介する(N Engl J Med 2020; 383: 207-217JAMA Neurol 2020年11月7日オンライン版Stroke 2020; 51: 3504-3513)。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

緊急時の感染症対応に強力な司令塔

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  また脳梗塞治療薬にdrug lagが生じるのか