メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  患者の絶望と向き合う »  第9回:患者に余命を伝えるべきか

患者の絶望と向き合う 患者の絶望と向き合う

第9回:患者に余命を伝えるべきか

がん研究会有明病院 腫瘍精神科 部長 清水 研

 2021年01月22日 14:10
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 あなたは40歳代の男性がん患者Aさんの治療を担当していた。最初の化学療法が効果を示さなくなり、残る治療選択肢は限られてきていた。

 ある日の診察で、Aさんは尋ねた。

Aさん:自分には、あとどのぐらい時間が残されているのですか...?

 あなたは一瞬真実を伝えるべきか迷った。しかし、彼の毅然とした態度から、直感的に伝えた方がよいと感じた。そして、こう答えた。

あなた:個人差があるのではっきりしたことは言えないが、来年の桜は見られないと思う

 Aさんは静かに涙ぐんだ。

Aさん:教えていただきありがとうございます。

 そう言った後、Aさんは頭を下げた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  患者の絶望と向き合う »  第9回:患者に余命を伝えるべきか