メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  血圧の左右差は心血管リスクへの警告

解説 解説

血圧の左右差は心血管リスクへの警告

臨床研究適正評価教育機構理事長 桑島巖

 2021年01月26日 17:21
プッシュ通知を受取る

19名の先生が役に立ったと考えています。

〔編集部から〕上腕の収縮期血圧(SBP)値の左右差が5mmHgを上回ると、全死亡や心血管イベントなどのリスク上昇が認められたとする5万例超のメタ解析の成績が、Hypertension2021; 77: 650-661)に掲載された。これまでもSBP値の左右差と予後の関連が報告されているというが、このような血圧左右差は、将来のリスクを適切に反映する指標となるのか。また臨床上、考慮すべきものであるのか。臨床研究適正評価教育機構(J-CLEAR)理事長の桑島巖氏に解説してもらった。(関連記事「"血圧の左右差"が死亡、心血管リスクに」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  血圧の左右差は心血管リスクへの警告