メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  コロナ禍で思う、言葉の処方

寄稿 寄稿

コロナ禍で思う、言葉の処方

胡桃澤 伸(精神科医、劇作家)

 2021年02月02日 05:00
プッシュ通知を受取る

29名の先生が役に立ったと考えています。

「体調が悪いときは仕事を休みましょう」は、新型コロナウイルスの感染拡大防止の基本だ。しかし、このような呼びかけがわざわざなされるのは、体調が悪くても仕事を休めない現状があるからだ。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  コロナ禍で思う、言葉の処方