メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  誤診多く、過少診断される疾患

ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中)

誤診多く、過少診断される疾患

特発性頭蓋内圧低下症のシステマチックレビューとメタ解析

 2021年02月03日 17:05
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:初のシステマチックレビュー・メタ解析

 特発性頭蓋内圧低下症(Spontaneous intracranial hypotension:SIH)は高度の障害を呈する疾患だが、しばしば片頭痛などその他の頭痛と誤診されることが多い。わが国では脳脊髄液減少症と診断されてきたが、脳脊髄液量を測定することはできないため、脳脊髄液漏出症の診断基準がつくられている。

 1月22日に、ヒト化抗カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)モノクローナル抗体のガルカネズマブ(商品名エムガルティ)が「片頭痛発作の発症抑制」の効能・効果で国内製造販売承認を取得した。4月ごろには使用可能となると思われるが、処方に際しては的確な診断が必要である。片頭痛にSIHが合併したものを片頭痛と診断して、高額な皮下注射を行っても奏効しない。

 SIHの臨床症状、検査結果、および治療結果に関する初めてのシステマチックレビューとメタ解析の結果が発表されたので紹介する (JAMA Neurol 2021年1月4日オンライン版)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  誤診多く、過少診断される疾患