メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  この難病・希少疾患に注目! »  光免疫療法がもたらす頭頸部がん治療の未来

この難病・希少疾患に注目! この難病・希少疾患に注目!

光免疫療法がもたらす頭頸部がん治療の未来

他領域のがんへの応用も期待

 2021年02月05日 16:50
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

 昨年(2020年)9月25日、頭頸部がんに対する光免疫療法であるセツキシマブ サロタロカンナトリウム(商品名アキャルックス)が世界で初めて承認され、今年1月から臨床で使用可能となった。光免疫療法は米国立がん研究所主任研究員である小林久隆氏が開発し、手術、放射線療法、薬物療法、免疫療法に続く「第5のがん治療法」として注目を集めている。光免疫療法の概要や臨床試験成績について、国内の臨床試験に参加した国立がん研究センター東病院頭頸部内科長の田原信氏に話を聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  この難病・希少疾患に注目! »  光免疫療法がもたらす頭頸部がん治療の未来