メニューを開く 検索 ログイン

ホーム »  連載・特集 »  この難病・希少疾患に注目! »  ギラン・バレー症候群、新薬開発に前進

この難病・希少疾患に注目! この難病・希少疾患に注目!

ギラン・バレー症候群、新薬開発に前進

エクリズマブの第Ⅲ相臨床試験スタート

2021年02月17日 05:00

16名の医師が参考になったと回答 

 ギラン・バレー症候群(GBS)は、感冒、下痢などの先行感染後に筋力低下や四肢麻痺などを呈する多発性末梢神経障害(ポリニューロパチー)である。現在は血漿浄化療法および経静脈的免疫グロブリン療法(IVIg)が標準治療として確立されているが、いずれも有効性に課題があることから、より効果が高い治療法の開発...

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  連載・特集 »  この難病・希少疾患に注目! »  ギラン・バレー症候群、新薬開発に前進

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで