メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  東日本大震災から10年 »  10年後に伝えたい福島の「正の遺産」

東日本大震災から10年 東日本大震災から10年

10年後に伝えたい福島の「正の遺産」

越智 小枝

 2021年02月25日 05:00
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

 2011年の東日本大震災発生から10年がたった。2万人超の直接死、5,000人超の関連死を生んだこの大災害を風化させまいと、当時を繰り返し再現し、語り継ぐ人は多い。しかし、歴史は語り継ぐだけで後世まで残る資産となりうるのだろうか。文芸評論家の小林秀雄は第二次世界大戦後の戦争体験の発信について、『直感を磨くもの:小林秀雄対話集』の中で次のように述べている。「深刻な体験をした人は、体験を買い被るね。(中略)人生は二度読めない。二度読めるのは思想です」。第二次世界大戦と同様、東日本大震災を体験した方々もまた、その強烈な記憶を風化させたくない気持ちはあるだろう。だが出来事を再現することにばかりとらわれた結果、後世の人間が二度と読みたくない物語になってしまっては意味がない。東日本大震災は、その悲しみが薄れた今だからこそあらためて学ぶことができる物語だ。本稿ではそのような物語の中から、われわれ医療者に残された「正の遺産」のうち4つを紹介する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  東日本大震災から10年 »  10年後に伝えたい福島の「正の遺産」