メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  医療の蠢動 »  "対感染症の砦"が知る院内感染防止の「肝」

医療の蠢動 医療の蠢動

"対感染症の砦"が知る院内感染防止の「肝」

コロナ制御に挑む駒込病院の取り組み

 2021年03月01日 05:05
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

 昨年(2020年)から続くコロナ流行下においてがん・感染症センター都立駒込病院では、合併症のある高齢者を中心に中等症以上の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者を可能な限り受け入れてきた。COVID-19患者の病床は拡大を続け、一般病棟からも多くの看護師が応援でケアに当たっているが、COVID-19患者との接触者の増加は院内感染リスクの高まりを意味する。入院時のスクリーニングをすり抜け、後日入院患者の感染が判明した事例も経験する同院への取材を通し、可能な限りスピード感を重視した陽性者対応や部門を超えたサポート体制の整備、COVID-19の疑いがない患者に対してもガードを下げない標準予防策の徹底が、感染制御のポイントとして浮かび上がってきた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  医療の蠢動 »  "対感染症の砦"が知る院内感染防止の「肝」