メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  世代交代の予感、肺アスペルギルス症治療薬

ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) ドクターズアイ 倉原優(呼吸器)

世代交代の予感、肺アスペルギルス症治療薬

ポサコナゾールの臨床試験

 2021年03月02日 17:55
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:少なかったアゾール系抗真菌薬

 日本の病院では、呼吸器内科における肺アスペルギルス症の治療選択肢はかなり限られていて、アゾール系抗真菌薬に至っては、イトラコナゾール(商品名イトリゾール)かボリコナゾール(同ブイフェンド)しかなかった。エキノキャンディン系抗真菌薬であるミカファンギン(同ファンガード)やカスポファンギン(同カンサイダス)は経口薬がないため、入院中にしか使用できないという問題点がある。

 isavuconazoleという、まだ日本では販売されていないアゾール系薬は、侵襲性アスペルギルス症に対してボリコナゾールに非劣性であったことが過去の臨床試験で示されている(Lancet 2016; 387: 760-769)。

 さて、日本で昨年(2020年)発売されたアゾール系薬のポサコナゾール(商品名ノクサフィル)について、侵襲性アスペルギルス症に対するエビデンスを紹介したいと思う(Lancet 2021; 397: 499-509)。ボリコナゾールが比較対照薬であることから、今後ポサコナゾールも慢性肺アスペルギルス症に対して用いられる日が来ると思うが、現時点では同薬は肺アスペルギルス症に保険適用外であることに注意していただきたい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  世代交代の予感、肺アスペルギルス症治療薬