メニューを開く 検索 ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  世代交代の予感、肺アスペルギルス症治療薬

ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) ドクターズアイ 倉原優(呼吸器)

世代交代の予感、肺アスペルギルス症治療薬

ポサコナゾールの臨床試験

 2021年03月02日 17:55
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:少なかったアゾール系抗真菌薬  日本の病院では、呼吸器内科における肺アスペルギルス症の治療選択肢はかなり限られていて、アゾール系抗真菌薬に至っては、イトラコナゾール(商品名イトリゾール)かボリコナゾール(同ブイフェンド)しかなかった。エキノキャンディン系抗真菌薬であるミカファンギン(同フ...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

オミクロン株、日本にとって脅威か

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  世代交代の予感、肺アスペルギルス症治療薬