メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  東日本大震災から10年 »  3.11の教訓から災害医療を展望

東日本大震災から10年 東日本大震災から10年

3.11の教訓から災害医療を展望

避難所環境の整備が健康被害を抑制

 2021年03月04日 05:00
プッシュ通知を受取る

27名の先生が役に立ったと考えています。

 2011年3月11日14時46分。東北地方に未曾有の被害をもたらした東日本大震災が発生した。地震と津波により各種インフラが破壊され、医療機関にも大きな被害をもたらした。石巻赤十字病院(宮城県)は津波の被災を免れ、即座に災害対策本部を立ち上げて市民の救護に当たったが、想定以上の被害により対応は困難を極めたという。当時の奮闘と今後の災害医療について同院副院長の植田信策氏に聞いた。同氏は、避難所環境の整備が健康被害を抑制することを強調している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  東日本大震災から10年 »  3.11の教訓から災害医療を展望