メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  花粉症2021 »  花粉症への舌下免疫療法、実施率は上昇傾向

花粉症2021 花粉症2021

花粉症への舌下免疫療法、実施率は上昇傾向

最前線の医師にアンケート(後編)

 2021年03月04日 17:31
プッシュ通知を受取る

 成人の花粉症患者に対する舌下免疫療法(SLIT)が保険適用されてから約7年、その適用範囲が12歳未満の小児にも拡大されてからおよそ3年が経過した。経年的に花粉症に関するアンケートを行ってきたMedical Tribuneでは、今年も2月上旬に調査を実施。SLITの実施率や実施対象の傾向などを探った。花粉症診療に精通する日本医科大学大学院頭頸部・感覚器科学分野教授の大久保公裕氏のコメントも随所に盛り込みながら、アンケート結果の後編を報告する。(前編「コロナ流行下、花粉症診療はどうする?

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪の開会式(23日20:00~)は見たい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  花粉症2021 »  花粉症への舌下免疫療法、実施率は上昇傾向