メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  東日本大震災から10年 »  相双地区における精神科医療の再興

東日本大震災から10年 東日本大震災から10年

相双地区における精神科医療の再興

崩壊したコミュニティーの再生を目指す「なごみ」の活動(前編)

 2021年03月05日 05:01
プッシュ通知を受取る

 東日本大震災の発生から今月(2021年3月)11日で10年の月日がたつ。震災に伴う福島第一原子力発電所の事故により、周辺地域の住民は避難を余儀なくされ、福島県相双(相馬・双葉)地区では、精神科医療を受けられる医療機関が一時的に全くなくなる事態に陥った。震災直後に福島県立医科大学の「心のケアチーム」が活動を開始し、同地区での精神科医療、メンタルヘルスケアに取り組んだ。その活動を受け継ぐ形で認定NPO法人「相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会」(通称なごみ)が2011年12月7日に設立。心のケアチームのメンバーとして支援活動に携わり、同法人理事長を務める大川貴子氏は「震災直後の支援活動では、被災者1人1人から心身の不調や悩みなどを丁寧に聞き取りながら、心のケアに当たった」と当時を振り返る(関連記事「相双地区が地域包括ケアのモデルに(後編)」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  東日本大震災から10年 »  相双地区における精神科医療の再興