メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  東日本大震災から10年 »  相双地区が地域包括ケアのモデルに

東日本大震災から10年 東日本大震災から10年

相双地区が地域包括ケアのモデルに

崩壊したコミュニティの再生を目指す「なごみ」の活動(後編)

 2021年03月05日 05:02
プッシュ通知を受取る

 東日本大震災の発災直後から福島県相双(相馬・双葉)地区において精神科医療、メンタルヘルスケアに取り組んだ福島県立医科大学の「心のケアチーム」。その活動を受け継ぐ形で発足したのが、認定NPO法人「相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会」(通称なごみ)である。崩壊したコミュニティーで心身に不調を来したり孤立したりする中で、支援が届きにくい人たちへの地道なケアを行ってきた。同法人理事長の大川貴子氏は「精神科の病床数が大きく減少した相双地区でも精神科医療が機能するように人と地域をつなぐなごみの活動は、地域包括ケアシステムのあるべき姿を目指している」と語る。(関連記事「相双地区における精神科医療の再興(前編)」)

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪の開会式(23日20:00~)は見たい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  東日本大震災から10年 »  相双地区が地域包括ケアのモデルに