メニューを開く 検索 ログイン

ホーム »  連載・特集 »  患者の絶望と向き合う »  最終回:医師が向き合う自分の「死」

患者の絶望と向き合う 患者の絶望と向き合う

最終回:医師が向き合う自分の「死」

がん研究会有明病院 腫瘍精神科 部長 清水 研

2021年03月05日 17:43

79名の医師が参考になったと回答 

 私ががん医療の現場で働き始めたのは31歳のときであった。実は、それ以前は自分が死ぬことなどほとんど考えたことはなかった。それまで身を置いていた一般の精神科では、患者を看取る経験はあまりなかった。研修医時代にさまざまな疾患の患者を看取った経験はあるが、死は単なる疾患の結末としてしか捉えていなかったの...

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

関連タグ

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  連載・特集 »  患者の絶望と向き合う »  最終回:医師が向き合う自分の「死」

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで