メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  超高齢者血管内治療の適応に重要な根拠

解説 解説

超高齢者血管内治療の適応に重要な根拠

国立循環器病研究センター脳卒中集中治療科 田中寛大氏

 2021年03月10日 13:33
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

【編集部から】急性期脳梗塞に対する血管内治療の効果を検討した前向き国内共同研究RESCUE-Japan Registry 2のデータから、90歳以上でも血管内治療は安全に脳梗塞後の障害を軽減させる可能性があることが示された(Stroke 2021年3月1日オンライン版)。同研究グループの一員で国立循環器病研究センター脳卒中集中治療科の田中寛大氏に、研究の背景、意義などについて解説してもらった。(関連記事「90歳以上の脳梗塞でも血管内治療が有効」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  超高齢者血管内治療の適応に重要な根拠