メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) ドクターズアイ 仲田和正(総合診療)

心房細動の最新総説

西伊豆健育会病院病院長 仲田 和正

 2021年03月16日 05:10
プッシュ通知を受取る

41名の先生が役に立ったと考えています。

 N Engl J Med2021; 384: 353-361)に心房細動(Atrial fibrillation; Af)の総説がありました。著者は米・ナッシュビルのバンダービルト大学の医師たちです。循環器医でなくとも外来で普通に遭遇する疾患ですから医師の常識として重要です。

 N Engl J Med(2021; 384: 353-361)Af(総説)最重要点は以下の13点です。

  1. Afの症状:疲労、運動許容量低下、動悸、低血圧、失神、狭心症、肺水腫
  2. Afの二大先行因子「肺炎と手術」、他に飲酒、心筋梗塞、肺塞栓、甲状腺機能亢進
  3. Afは減量、運動、DM・脂質異常症・SAS治療、アルコール減量を。カフェイン無関係
  4. Afで脳卒中、心不全、認知症、死亡率(男2.4倍、女3.5倍)全て上昇
  5. 脈拍>110で心筋症起こる。Apple watchでECG第1誘導、酸素飽和度分かる
  6. Afは肺静脈sleeves(周囲心筋)線維化などによる。PAfの5~10%永続的に
  7. 抗凝固薬はCHA2DS2-VASc score 2点以上(脳卒中リスク2.2%/年)で開始
  8. 脳卒中リスクはDOACがワーファリンより優れINR不要だが高価。MSや機械弁はワーファリンを
  9. 心拍数↓の第一選択はβ遮断薬とワソラン、ヘルベッサー。目標心拍80。ジゴシンで死亡率↑
  10. 除細動はAf継続48時間以上なら先に抗凝固薬3週、後に4週投与
  11. 洞調律で死亡率減るが、構造的心疾患でタンボコール、プロノン、ソタコールにより死亡率上昇
  12. 洞調律にアブレーションは薬剤より有効だが慢性Afではより困難。15~50%で再発
  13. 63歳男性3カ月前よりAf、あなたならどうする?

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪の開会式(23日20:00~)は見たい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) »  心房細動の最新総説