メニューを開く 検索 ログイン

トップ »  連載・特集 »  この難病・希少疾患に注目! »  発作予防薬が登場した遺伝性血管性浮腫

この難病・希少疾患に注目! この難病・希少疾患に注目!

発作予防薬が登場した遺伝性血管性浮腫

発作回数や重症度低減に期待

2021年03月30日 05:05

12名の医師が参考になったと回答 

 血液中の補体第1成分阻害因子(C1インヒビター:C1-INH)遺伝子の欠損や機能不全により、体のいたるところに繰り返す浮腫などの発作が起きる遺伝性血管性浮腫(HAE)。蕁麻疹とは異なり、腫れた部位の境界は不明瞭で痒みを伴わない。HAEに対する治療は、発作時の治療薬として従来から使用されているC1-...

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  連載・特集 »  この難病・希少疾患に注目! »  発作予防薬が登場した遺伝性血管性浮腫

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD535809 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外