メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  MTサーベイ »  コロナ下の受診控え、がん診療への影響も大

MTサーベイ MTサーベイ

コロナ下の受診控え、がん診療への影響も大

Medical Tribune独自調査

 2021年03月30日 14:45
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行の収束がなかなか見通せない中、COVID-19への罹患リスクを懸念して医療機関の受診を控える動きがある。また緊急事態宣言下では、集団で実施する各種検診を休止・延期していた施設も少なくない。がん診療では、治療による免疫力の低下で感染や重症化のリスクが高まることを懸念する患者も少なくないようだ。実際、最近のがん関連国内学会などで、「昨年末くらいから、進行がんの患者が増えているように感じる」「早期がんの患者が増えているように感じる」といった声も聞かれるようになってきた。そこで今回、COVID-19蔓延下におけるがん診療への影響を見るため、特に患者数が多いと思われる消化器がんと肺がんに絞り、Medica Tribuneウェブ医師会員を対象に調査を実施した。その結果、医師の3割近くが進行がん患者が増加していると感じていた一方、3~4割は早期がん患者が減少していると感じているなど、深刻な状況が見えてきた。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪の開会式(23日20:00~)は見たい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  MTサーベイ »  コロナ下の受診控え、がん診療への影響も大