メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  医療の蠢動 »  コロナワクチン「15分で30人」のアルゴリズム

医療の蠢動 医療の蠢動

コロナワクチン「15分で30人」のアルゴリズム

駒込病院:4日間で2,000人接種

 2021年03月30日 17:45
プッシュ通知を受取る

75名の先生が役に立ったと考えています。

 医療従事者への新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンの接種が進む中、4月12日には一般の高齢者を対象にした集団接種が開始される予定である。SARS-CoV-2感染制御の観点から、同ワクチンの集団接種は迅速かつ安全に遂行することが求められる。がん・感染症センター都立駒込病院では、わずか4日間で約2,000人の職員に対する1回目のワクチン接種を完遂した。密状態を形成することなく15分で30人というハイペースの集団接種をいかにして成し遂げたのか。段取りやノウハウ、副反応の出現状況について、3人の関係者に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  医療の蠢動 »  コロナワクチン「15分で30人」のアルゴリズム