メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  MTサーベイ »  コロナ下の生活習慣病、7割の施設で患者減

MTサーベイ MTサーベイ

コロナ下の生活習慣病、7割の施設で患者減

クリニック開業医を対象にMedical Tribune独自調査

 2021年03月31日 15:51
プッシュ通知を受取る

17名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により、生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症)患者の受診控えが起こっていることが懸念されている。Medical Tribuneではその実態を明らかにすべく、生活習慣病の診療を行っているクリニック開業医を対象に調査を実施。その結果、7割近い施設で患者が減少しており、クリニックの経営状況や患者の血圧、血糖、脂質の管理に悪影響を及ぼしていることが浮き彫りになった。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

緊急時の感染症対応に強力な司令塔

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  MTサーベイ »  コロナ下の生活習慣病、7割の施設で患者減