メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  Medical Tribune Luxe »  色で魅せる新たな時計の愉しみ方「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」

Medical Tribune Luxe Medical Tribune Luxe

色で魅せる新たな時計の愉しみ方「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」

〔特別企画〕2021 luxe春号

 2021年04月02日 12:02
プッシュ通知を受取る

AUDEMARS PIGUET

創業から一貫して家族経営を貫き、スイスの独立系時計ブランドとして名高いオーデマ ピゲ。数多くの革新的時計を生み出してきた同社は、2019年に新たなる挑戦を掲げ
「CODE11.59 バイ オーデマピゲ」を発表した。独自の世界観を持つ時計は、新たな時代の価値観とシンクロし注目を集めている。

CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ

5色のサンバースト模様のスモークラッカーダイヤルを展開。時計に合わせたスタイリングを楽しめる。
1
精悍な顔つきのライトグレーモデルはクラシックなスタイルにモダンさをプラスする。
2
バーガンディは成熟した大人のオフ用時計として活躍する。
3
パープルはエレガントな雰囲気を醸し出すのに最適だ。

以上/CODE 11.59 バイオーデマピゲオートマティック 自動巻き、パワーリザーブ約70時間、直径41mm、
厚さ10.7mm、30m防水。各330万円(税込)。

4
重厚なダイヤルにバイカラーのゴールドケースで洗練を加えたスモークグレーモデル。
5
ブルーは美しい深みのグラデーションが表情を加え、上品なカジュアルスタイルにピッタリだ。

以上/CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ クロノグラフ 自動巻き、パワーリザーブ約70時間、直径41mm、
厚さ12.6mm、30m防水。各522万5,000円(税込)。

たゆまぬ挑戦が生み出してきた時計史を飾る最高峰の腕時計

 腕時計は装飾品の中でも特別なアイテム。それはその人の趣味嗜好が身につけている時計に、ハッキリと表れてしまうからだ。そこで、成熟した大人としての品格と同時に、いつまでも好奇心旺盛でチャレンジスピリット溢れる方におすすめしたいのが「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」だ。

 オーデマ ピゲは世界3大時計ブランドとして知られているスイス製ウォッチ。高級時計製作の中心地として知られるスイス・ジュウ渓谷の自然豊かな街ル・ブラッシュに1875年創業し、名だたる名作を生み出し時計史にその名を刻んできた。ブランドを代表する「ロイヤル オーク」をはじめ、常に入手困難な人気ぶりを誇る時計がラインナップされている。

カラーダイヤルで個性を演出、新たなる価値を作り出す

 そのオーデマ ピゲが2019年に26年ぶりに発表したコレクションが「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」である。一見すると丸型ケースのクラシックなスタイルだが、八角形のミドルケースと細いベゼルの3層構造となっており、独特なラグの形状と相まった複雑な造形には、卓越した技術力と研ぎ澄まされた美意識が垣間見られる。内側と外側が異なる曲線で構成された風防などにも、新たなる時代に向けた革新性が滲み出ている。

 さらに「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」の個性を際立たせているのがダイヤルカラー。複雑で深みのある色味を持つ5色のラッカーダイヤルを2020年の新作では展開しており、自身のファッションやライフスタイルに合わせて選ぶことができるようになった。ラッカーを8層に塗り重ねることで、深みのある美しい彩色を生み出し、見る角度によって新鮮な表情を見せるのが特徴だ。どのカラーのモデルもフォーマルなシーンからリラックスした休日まで、あらゆる場面でスマートで旬なスタイリングを後押ししてくれる。自分らしさを表現するために挑戦を止めない、そんな人の感覚にシンクロする時計なのだ。

CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲの注目ディテール

歴史に裏打ちされた技術と挑戦するスピリットの融合

様々に異なるシェイプのパーツを組み合わせた3層構造のケースや大きく美しい曲線を描く風防など、オーデマ ピゲらしい他にはない斬新なデザインが目を惹く。一貫して受け継がれてきた複雑機構を持つ最新の自社製ムーブメントを搭載し、高い機能性を併せ持っている。

3層構造
ケースは3層構造で、正面からは丸型だが、側面から見るとオーデマ ピゲらしい八角形のミドルケースと細いベゼルや中空ラグを採用している。

8層ラッカー
ラッカーを8層に塗り重ねたダイヤルは、複雑かつ深みのある色合いを生み出している。

2つの曲線
内側と外側で異なる2つの曲線を施したサファイヤクリスタル製の風防は、見る角度によりダイヤルにさまざまなニュアンスを与える。

替えベルト
ダイヤルの色に合わせて、大きな竹斑入りのアリゲーターストラップが装着されている。さらにテキスタイルモチーフのラバー加工された替えベルト(別売)も用意されているので、カジュアルなスタイルな時は付け替えて、コーディネートに合わせることも可能だ。6万4,900円(税込)

アフターサービスも充実

オーデマ ピゲ ブティック 銀座2Fではカスタマーサービスを受け付けており、ストラップ専用サロンを併設。「CODE11.59 バイ オーデマピゲ」をはじめさまざまなモデルに対応したストラップを豊富に取り揃えている。スイス・ジュウ渓谷の自然が感じられる空間で、くつろぎながらストラップ選びが楽しめる。また、時計のブレスレットやケースバックのクリーニングも無償で提供している。

オーデマ ピゲ カスタマーサービス

〒104-0061 東京都中央区銀座6-5-13 CSSビルディングⅢ 2F
営業時間:11:30-19:30
☎︎03-6830-0789
📧 service.jp@audemarspiguet.com

CONTACT

ル・ブラッシュの自然が生み出し、人とともに行きていく | オーデマ ピゲ | Audemars Piguet

詳細はこちらから

オーデマ ピゲ ジャパン ☎︎03-6830-0000

Medical Tribune Luxeに関するアンケートのお願い

Medical Tribune Luxeではより充実した紙面・サイトづくりのために、読者の皆様のご意見・ご要望をお伺いするアンケートを実施しております。是非ご協力をお願いいたします。

アンケートに回答する

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  Medical Tribune Luxe »  色で魅せる新たな時計の愉しみ方「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」